会社代行サービスの特徴


会社設立を税理士の代行サービスに依頼することが決まったら、どのような仕事内容で対応してくれるのか説明します。まずは、会社設立においては、書類の準備や印紙代などが発生しますが、大抵の税理士事務所では、その手数料を無料にしてくれることが多いです。

会社設立には、提出する書類などの作成をしてくれるのが代行サービスの仕事になります。会社設立のための登記・認証など全てのことを代行して行ってくれます。自分たちで作成する手間が省けますね。今ではさまざまな会社設立代行サービスがあります。インターネットで調べてみるとその数の多さに驚くでしょう。実は税理士だけじゃなく、司法書士・行政書士・企業コンサルタントも同じようなサービスを展開しています。最近では、会計ソフトなどを商品化している会社もあるので比較検討してみてください。

たとえば、会社設立では、専門分野の資格を持つものが手続きを行います。司法書士や行政書士を必要としますので、依頼しようとしている代行サービスにそれらの専門家が在籍しているのか、あるいは系列会社に在籍していて手助けをしれくれるのかも確認してみましょう。税理士事務所では、司法書士や行政書士の資格を持っている専門家も在籍していることが多く、また税理の専門家ですので設立以降の相談にものってくれるでしょう。